ロゴ 麻雀求人サイト ジャンワーク ロゴ


コメント

フリー麻雀歴55年による、麻雀に関するコメントを記載していきます。

カンチャンについて
いろいろな話

カンチャン待ちについて

あがりやすいカンチャン待ちの順番
8、2、6、4、7、3、5 の順番であがる確率が高い。
特に、8と2はあがりやすいので、リーチをかけると良い。
後引っかけや、ワンチャンスに成る事が非常に多い。
スジ引きはあがりやすい事が多い
333、57 の様な かん6 の場合、333の影響で45が使いづらいので、
6であがれる時が非常に高い事が多い。
ワンチャンスやダブルワンチャンは迷わずリーチ
リーチをかけると相手はスジや壁、種類で打ってくるのであがれる事が多い。
手役のあるカンチャン待ちはリーチ
3色確定のカンチャン待ちはあがりやすい。
4種類の牌のうち、3種類が14牌のうち9枚なので均等に来るとしてあがることが多い。
場に多く出ている種類のカンチャン待ちはあがる確率が高い
リーチをかけるとワンチャンスに成ったり、後引っ掛けに成ったりしてあがりやすい場合が多い。
他のメンバーはその種類の牌が必要がないので捨てていて、また
その種類が来たら捨てるか降りるか、どちらかなので、あがることが多い。

いろいろな話

オーラスのトップにリーチなし
オーラスのトップの場合、100%黙テンがオススメ
他のメンバーは着順を上げようと狙っています。

むかし、5万9千点持ちのオーラスで、その局はツイているので
調子に乗ってリーチをかけたらビリの人に役満を振り込んでしまい
2位になってしまいました。
強い人はタンヤオ、ピンフ、三色を狙う人
タンヤオは、食い仕掛えができ、ついている人を落とすことができる。
トップで逃げ切ることができる。


ピンフは、三色に打ちまわせることができ、あぶない時にも打ちまわせる。


三色は、345、456、567の赤5をからませた三色へ移行しやすく打点王の役。
実力30%、ツキ40%、場所30%
実力30%

プロや雀きちでも常に勝つことはできません。
同じメンバーで20局以上やると80%は実力者が勝つと思います。


ツキ40%

実力がなくても良い配牌、良いツモ、良い役等で勝つ場合があります。
その打破は、安い手で早めにキックしたり、ポン、チーでこちらにツキを持ってくることでしょう。
フリー麻雀歴55年の中で1回だけ2局続けて役満をあがってことがあります。
このようなこともあるのです。


場所30%

座る場所で着順がかたよることがあるそうです。
100%全自動の店だからです。
ある店の店長が200ゲームを統計したところ、
牌の入り口が1位、右側が2位、左側が3位、向かいが4位だったそうです。
あくまで参考ですが。
2回ごとに場所を右に移動することが良いと思います。
それがダメなら休むか他の卓に移動すると良いと思います。
財力、体力、腕力のプレミアム
財力

フリーの麻雀店に行く場合、最低でも5回連続でビリになっても良い財力でいきましょう。
むかし、ある麻雀店で大敗したことがあります。
その原因は財力です。
相手はこちらの10倍の財力でガンガンきてこちらはびびって負けてしまいました。


体力

25~45歳くらいが一番良いと思います。
経験では35歳くらいが総合力で一番だと思います。
60代、70代の方は10回未満で休みましょう。
それ以上は85%負けるでしょう。


腕力

フリー麻雀でたまたま
デカイ、強そう、こわそう、腕力があるという人と同卓に入ってしまったら
1~2回で休みましょう。
楽しくないし、びびっちゃいます。
この場合、店の責任者が正しく対応しないと繁盛しないし、長続きしないでしょう。

トップに戻る

Powerd by 三高社